四国八八ヶ所参拝の旅

  • 2013.11.11 Monday
  • 20:49

 先日、2回目の四国八十八ヶ所参拝へ行ってまいりました。私の両親とヨメと義母でにぎやかな参拝となりました。今回は14番から23番までと、別格鯖大師様へ行かせていただきました。
 足の悪い私の母を連れて大丈夫かと心配しておりましたが、階段のあるお寺は登らずに下で待っていましたし、お連れの皆様も優しく手をとってくださいますので、なんとか参拝することができて、ありがたかったです。 
いつもヨメが二人の母の手を引いて歩きます。義母は甘えて手を引かれてはいますが、本来は早足で健脚です。しかし私の母は足が痛くてゆっくりの歩みです。ヨメは二人の手を引いて右往左往し、目を離せば義母は勝手に階段を登っていきますし、私の母は登らずにその場にいると言い出します。父は、というと、参拝を楽しんでいるのか自由行動です。私もそのへんの性格は父と似ているのです。
 さすがに困ったヨメが「親の手くらい引いてあげたら?」といいますが、それがなかなかできません。困った方があればお世話させていただこう、荷物ぐらい持たせていただこうとは思っていた自分ですが、「お母さんも、いなくなったら手もにぎれなくなるよ〜。人様のお世話より、まず自分の親やないですか!」とヨメがささやきます。ヨメの言うのが本筋です。
う〜ん・・・。頭ではわかっていても母の手を握るのは小学校以来・・・などと思うだけで、情けなや〜、結局実行できずに終わってしまいました。
満願するのには4年かかりますが、4年後には自然に手を引いてやれるような心の広い息子になりたいと願っております。また、このように今はできなくとも、できるようになりたいという心を持つことが一番大事なことだと思うようにもなりました。こういうささやかな積み重ねが四国の修行の道なのですね。

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

ヨメの本棚

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM