四天王寺参拝記?

  • 2010.05.25 Tuesday
  • 14:07

 さて、前回に続き四天王寺様についてお伝えします

 

みなさんは四天王寺近くに愛染堂と呼ばれるお寺があるのをご存知でしょうか?


この愛染堂は正式の名前を愛染堂勝鬘院(しょうまんいん)といいます。

西暦593年、聖徳太子様が四天王寺に、敬田院(寺院)、施薬院(現代の薬草園及び薬局)、療病院(病院)、悲田院(病者や身寄りのない老人などのための社会福祉施設)の4つを建てられました。

この施薬院が現在の勝鬘院で、当時の面積は現在より一層広大であり、また、建立の意味あいからいうと、我が国の社会福祉事業発祥の地とも言えます。

そして、聖徳太子が勝鬘経(しょうまんきょう)を講じられた地でもあり、勝鬘経に登場するお姫様・シュリーマーラー夫人(勝鬘夫人)の仏像が本堂に祀られていることから勝鬘院になりました。

そののち、金堂に愛染明王が奉安され、愛染明王信仰の普及とともに、現在では勝鬘院全体が愛染堂と通称されています。

 

NHK大河ドラマ「天地人」で、直江兼続の「愛」という字を前立にあしらった兜が有名ですが、この「愛」の字については、上杉謙信が毘沙門天の信仰を表した「毘」の字を旗印に使用するなど、当時、神名や仏像を兜や旗などにあしらうことは広く一般に行われていたことから、軍神である「愛染明王」または「愛宕権現」を表したものと言われています。

 

恋愛成就の仏様としても有名ですが、そういえば直江兼続もあの時代に側室を持たず、生涯妻お船だけを愛したといわれています。

しかし、うちのヨメにかかれば、マユにつばをつける素振りをして「けっ…!」と一言。

愛染明王様も憤怒の恐ろしい形相ですが、我が家の軍神の兜にはいったいなんという文字がついているのでしょう…。

 ぜ

 

コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

ヨメの本棚

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM