まつ毛エクステ奮戦記

  • 2011.11.08 Tuesday
  • 15:50
まつ毛

先日ウチのヨメが私に向かって、目をパチクリさせますので何の合図かと思い、一瞬身構えましたが、まつ毛のエクステとやらをしてきたと言うのです。そういえば、まつ毛が長くなっておりました。パソコンの生徒さんの中にも、つけまつ毛や、エクステをしておられる方がおられるそうで、何にでも興味を示すヨメのことです。一度やってみたくなったのでしょう。片目に70本づつ つけたと言い、私には想像もできませんが、まつ毛1本づつに、のりでくっつけていくそうです。
 

まつ毛は2か月で生え変わるので、のりつきのまつ毛も自然となくなっていくのです。生徒さんには好評だったようで、“それ以上キレイになってどないしますねん”と言うてもろた〜♪などと言っては、喜んでおりました。
 美容師の生徒さんもおられるので、メイクの仕方などを聞いては実践しているのですが、毎朝「きょうはどうや?」と正面に顔を持ってこられても、はて?どこがどうなのか、そういえば異様に白いような気もするし、でもこの前「白い」と言ったら「きょうはご飯なしや!」と返されましたし、ここは相手の望む言葉を言うのが礼儀とこころえ、「ひゃぁ〜!きょうもキレイやわ、べっぴんさんやなぁ〜!」と言うと「ふふん」と納得するので、毎朝夫婦漫才のネタを、繰り返しているような有様です。
 

そう言えば同窓会が近づくと何やら身を構いだしますな。前回もいつの間にやら指の爪に花模様が入っていましたし、美容院に行ってゴージャスな頭になってメイクまで。(プロのメイクはさすがに変わります) 初めて見るシュっとした衣装も着て、えらい気合の入れようで、「見栄を張るのも大事やでェ〜!」とさっそうと出かけて行きました。その結果はというと「ちよっと浮いた…」そうで、内心おかしいやら気の毒やらで、神戸とは言え、田舎の同窓会に、そらアンタみたいに気合の入ったモンもおらんやろと思いますが、後日、ヨメの実家の母が同級生(男子)に偶然会った時、「くんちゃん(昔の愛称)は相変わらず若くてキレイやなぁ」とほめてもらったそうで、母も喜んで何度もその話を持ち出しますし、ヨメもやはり努力の成果はあるもんやと自信をつけたようです。また今回も同窓会でもあるんかいなと思いますが、まぁ、女性が美しく着飾るということは、いいことなのでしょうね。     

コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

ヨメの本棚

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM