お江のふるさと旅行記

  • 2011.10.15 Saturday
  • 14:59
お江

先日ウチのヨメが滋賀県長浜へ旅行に行ってきました。

本来の目的は多賀大社様や木之本地蔵院様への参拝ということでしたが、一番印象に残ったところは「小谷寺」と申しました。浅井三姉妹の生地が一番かぁ…。

小谷寺は車道から少し入った林の中にあり、静かで趣のあるお寺とのことでした。

三姉妹も度々訪れたと聞きます。手を合わせることが戦国時代に生きる女性たちのなぐさめでもあったのでしょう。

 

ウチのヨメはといいますと「この世も戦国時代じゃ〜!」と言い “身に起こる出来事にどう立ち向かって負けずに生きていくか” が最大の関心ごとのようです。お江さんたちのように、自分の意志ではどうすることもできない人生であっても、おかれた立場を最大限に生き抜き、良いほうに切り替えて前を向いていくという事を信条としている由。

大河ドラマでは史実に基づいていないと不評とも聞きますが、脚本家さんが示したかったであろう、現在にも通じる、しなやかで強い女性の生き方に、視聴者も納得して楽しんでおられるのではないでしょうか。

 

どの時代であっても、日々の暮らしの中で大小さまざまな困難が誰にでもあるはずです。そこから逃げてもまた必ず似たような困難に遭遇します。逃げずに考え方を切り替えるだけで、相当数は解決できるとヨメは言います。そのコツはと聞きますと“感謝のこころ”だそうです。はて?雲をつかむような話ではありますが、周りの方々に恵まれ、なんとか本人なりに幸せと思える人生を歩んでいるのでしょう。
では、なかなか解決できない事柄は何でしょうか?ひとこと「金(カネ)」という答えが返ってきて、それには私も納得した次第です。

 

しかし、いつの世も女性は強いものですな。お江さんたちも着飾った衣装のふところ深く、槍や小刀を忍ばせて生きていたのかもしれません。適当に気楽に生きているように見えるヨメも、ふところになんぞ武器でも持っているやも知れぬと、のぞいてみますが、今のところカラオケマイクしかないように見えますが、いやいや、あなどれませんぞ…

コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

ヨメの本棚

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM