ご詠歌講座

  • 2011.02.28 Monday
  • 15:31

うちのヨメは香里園の成田不動尊さまでご詠歌を習っております。

ご詠歌とは、五・七・五・七・七の和歌に旋律をつけたもので、お経の一種でもあります。もともと実家でもご詠歌を唱えていたようで、馴染みはあるようですが、このご詠歌にも流派があり、成田不動尊さまのご詠歌は蜜厳流遍照講といいます。大変流麗で美しい旋律が特徴です。そして独特の楽譜もあり、音階がとれるようになっています。(下図参照)

成田山のお坊様が先生ですが、教義として学ばれておられるのでしょう、それは良いお声で朗々とお唱えになります。
 

そういえば作曲家の千住明さんの「聖地を巡る」というNHKのテレビ番組がありました。

出羽三山の雪の音、熊野古道の静寂、そして高野山の声明の響きを体験し、その聖地の持っている見えないエネルギーと音楽の共通点を発見。それを曲で表現していくという内容でした。

「聖地」を訪ね、目に見えぬ何かを感じられたのでしょう。苦しみを抱えた人に寄り添っていくための「祈り」の音楽を作りたい。音楽を聴くことによってその「聖地」と同じ癒しの状態にストンと入ってしまうようなものを作って人に聞いてもらいたいと仰っておられました。

出来上がったその曲は、本当に素晴らしく、密教の五行である“地(ア)、水(ヴァ)、火(ラ)、風(カ)、空(キャ)“の梵字だけを歌うもので、聞いていると本当にその聖地にいるような気持ちになり、大変感激しました。 

人間には、衣食住以外に本能として感性で感じるもので自らを癒す機能が本来備わっているのではないのでしょうか。


ご詠歌も声や音楽で表現する癒しの一種です。そう思うと覚えるまでに三年はかかるというヨメのご詠歌も、聞かせてもらうと案外癒しになるかも・・・と思いめぐらしますが、想像するだけで十分癒されそうですので、ご詠歌は仏壇の私のご先祖様に変わって聞いていただきたいと思います。
 

ご詠歌楽譜

コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

ヨメの本棚

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM