四国八十八ヶ所参拝記

  • 2010.06.20 Sunday
  • 14:55

うちのヨメは毎年6月と11月になると四国巡礼の旅に出かけます。八十八ヶ所を満願するのに4年をかけてまわります。そして今回3回目の満願を迎えました。ということは12年間四国に参拝しているのですね〜!

 

四国参拝は弘法大師様と「同行二人」であるといいます。
いつもお大師様と一緒に歩くということを心していると、たとえば困った方の手助けをしよう、誰かの荷物を持とう、優しい気持ちで接しようという気持ちになるといいます。また、誰かの役に立つということ、元気で動けるということが喜びになってくるそうです。それも無理をせず、自分のできる範囲でOK!お大師様は、たいそうなことを「しました」と思ってするよりも、明るい小さなこころを喜んで見てくださるそうです。
 

ヨメのように、目に見えぬもの、実体として自分が認識できぬものを心で信じるということは、ある面素直であるということでしょうか。

お大師様と同様に、ヨメの中では私のご先祖様も、愛すべき家族であるようです。私にすれば、先祖といえば顔を覚えている祖母を思い浮かべるくらいですが…。ヨメは「あっち行ってからアンタのご先祖様に“根性なし!”と言われたない!」と負けん気を出しますし、何か失敗した時には「ご先祖様、怒ってる〜?怒ってないな〜?!」と自問自答しています。私が「怒っとるに決まってる!」と言うと本気で傷つきますので言いませんが、おかしくて吹き出します。兎にも角にもヨメのアタマの中は独特の世界観があるようでお大師様もご先祖様も家族の一員で、この私も一番下座の末席に一応メンバーとして参加させてもらっているようです…。
 
また、秋から新しい気持ちで四国参拝に出かけるのでしょう。ヨメも四国参拝を楽しみにしていますし、やはりお大師様と一緒にお参りできるということは、幸せなことですね!


 

コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

ヨメの本棚

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM