仲間募集中!

  • 2019.01.21 Monday
  • 11:39

JUGEMテーマ:転職・就職の支援

コウマスター

家族的な職場

プロ集団の中で、施工管理のキャリアを築く!

コウマスターは従業員10名と少数で、一見何の変哲もないリフォーム会社。しかし、私たちは街のあらゆる建物のリノベーションを担うプロフェッショナル集団なのだ!

 

 

  • マンションや戸建て住宅、店舗のリフォームに関する管理業務をお任せします。まずは先輩のサポートからスタート。空室に困っている大家さんを中心に、直接取引で依頼を受けています。
  • 建築系の専門学校を卒業した方、もしくは現場管理の経験を持つ方
  • 要普免(AT限定可)
  • 大阪市此花区西九条1-20-1 ◎転勤はありません。「西九条駅」より徒歩3分とアクセス抜群!

◎社会人デビューという方も歓迎いたします!
◎入社後には、インテリアコーディネーターや施工管理技士などの資格を取得できます。
◎建築業界に興味がある方、イチから学ぶ意欲のある方はぜひご応募ください。

建築
  現場施工

 

賃貸物件の空室対策をメインに、地域に根ざしたリフォーム事業を展開している当社。一次請けにこだわり、案件の90%はお客様との直接取引。地道な信頼の積み重ねにより、大規模なリフォームや改修工事の依頼も順調に増えてきています。ゆくゆくの事業拡大に備えて、この度新たな仲間をお迎えすることになりました。意欲重視の採用で、一緒に当社を大きくしていける方を探しています。

 

 

会社概要は HP : koumaster.com でご覧ください

 

目連と盂蘭盆会

  • 2018.07.21 Saturday
  • 10:52

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 

蓮8月はお盆月です。盂蘭盆会(うらぼんえ)のもとになった目連尊者(もくれんそんじゃ)のお話をご紹介します。

 おしゃか様がいらっしゃった時のお話です。お弟子の一人に目連尊者という方がいらっしゃいました。目連尊者は修行を重ねられる中で神通力を得られたという方です。ある夏の暑い日のことです。何年も前に亡くなってしまった母親を思いだした目連尊者は、神通力の一つ天眼を使って会いに行くことにしました。

「あのやさしかったお母さん、今はいずこに」

探すうちに地獄の入り口にたどりつきました。まさかと思いながら入ってみると、焦熱地獄に横たわっている自分の母親を見つけました。目連尊者に駆け寄った母親は一杯の水を頼みました。しかし、水器で運んだ水はあつさで煮えたぎり、持ち寄った食事は火と化したと経典には記されています。

 悲しんで大泣する目連尊者は、おしゃか様にことの子細を話しました。そして母の生前の行いを知ることとなったのです。夏のある日、通りかかった人が一杯の水をめぐんでくれるように頼みました。水瓶の水はあふれんばかりでしたが、母親はふたを取ろうとしません。何度も乞う声に母親は「この水は目連の水」と答えたのでした。お盆

 人様に喜捨することは自分が損をすることではなく、徳積という財産を手に入れることです。そして自分のしたことが結果として子や孫に返ってくるともいいます。そうであるなら、おのずと自分の生き方は変わってくると説かれてもおられます。

 さて、お釈迦さまは目連尊者の母を救う方法として、厳しい夏の修業を終えて一段落する7月15日(8月の地域もあります)に仏道を求める僧に対し、母ができなかった布施行をするようにという教えを与えました。そのいきさつが「仏説盂蘭盆経」というお経になり、私たちが毎年行う供養につながっているそうです。 

どのような信念を持って生きるかは、宗教に関係なく、ふと振り返って自分に問う課題でもあります。わたくしも凡夫ながら、社員、お客様、いろいろな仲間の皆さまの教えをいただき、信念に沿う行いかを常に問い続ける毎日でもあります。ありがとうございます。

にゃんこ大戦争の巻

  • 2018.01.21 Sunday
  • 16:12

運よく自宅隣の土地が手に入り「コウマスター駐車場」を始めました。

おかげさまで4台を一括して法人で借りて下さることになり、ひと段落したところ、ネコが寝そべりだしたのです。自社の車5台も置いているのですが、車が増えるとシメシメといった様子で車の下に隠れます。

『ここにいると追いかけられる・・・』と思わすのが一番と、ヨメと二人でことあるごとに走って追いかけ、ホウキを持ったり、自転車に乗ったりしながら格闘しているのです。しかし敵もさるもの、ヨメが追いかけた日には、メタボなブチにいちべつして鼻であしらわれ、のらりくらりと歩き回られたそうで「トドのようなふてぶてしいブチ」とふんがいしておりました。(トドの一騎打ち!)

「ふてぶてしいブチ」の他にも「ちょっとかわいいミケ」もおり、ヨメに「ミケと道で会ったら寄ってくるねん。いつも追っかけてるのになんでやろ・・・?」というと「親心出したってあかんで〜!もう、名前ミケにしてるやん!」と怒られ、ミケの術中にはまるところであったと思い返した次第です。どうも私とヨメの気の弱さを見抜かれ、ネコに作戦を練られているようで、負けるわけにはいきません。

ところが最近「クロ」も参戦してきたのです。カラスの濡れ羽色のようなこのクロは、目だけがぎょろりと光り、夜に現れて、怖がりの私が驚くのを楽しんでいるようなのです。

何か方法はないかと、協力業者のダスキンさんにお聞きしたところ【ウルフピー】なる狼の尿を教えていただき、早速試してみました。それがこのウルフピーの臭いのなんのって恐ろしい獣のにおいです。専用の容器に入れて吊っておくと確かに効果があるのか、ネコたちと出会う回数が減ってきました。

相変わらず見つけては追いかける毎日ですが、やはりきれいに掃除をしておくのも大事です。荷物やゴミを置いたりしてネコにつけ入る隙を与えてはいけません。ネコとの戦いになんとか勝利するよう、ヨメと二人で戦っております!                                  つづく・・・

 

夏祭り盆踊りの巻

  • 2017.08.15 Tuesday
  • 19:45

JUGEMテーマ:高齢者の日常生活介護

父が亡くなって5年、一人暮らしの母に認知症がでて、介護老人保健施設にお世話になり、半年が過ぎました。

お世話になっている施設は、ひと山を介護施設に開拓したところで、特養、ケアハウス、グループホームなどなど何棟もあり、クリニックも併設した大規模な施設経営をされています。

 先日、初めての夏祭りがあり、行かせていただきました。ここに本文を記入してください。

毎年の恒例行事らしく、職員の皆さんの創意工夫をこらしたパフォーマンスや入居者さんたちの心待ちな笑顔をみると、みんなが一体となってこの時を楽しもうという熱意が感じられます。

家族などを含め、300人ほどが庭に集まりました。

母のように健脚をほこる人はまれですが、ほとんどの方は車イスです。

そしてあとのほとんどが外に出ることもできない方々ということになります。

 庭への下りスロープで、車いすを背後から抱きかかえるように、後ろ向きに何往復もされる職員さんが数珠つなぎで降りてこられるのをみて、お世話をしていただくことに感謝の心がわいてきます。

本当にお世話をしていただいてありがたいです。

盆踊り 近くの高校のダンスクラブの方の若さあふれるダンスでは、お年寄りも顔を輝かせて喜びます。

人間の静と動のコントラストに一種の感動も覚えました。

輝く若さのみが美しいのではなく、苦難を乗り越えて座っておられるその“生”というもののなんと力強いこと。

誰もが老いて土に返るわけです。足腰が弱り、物忘れをし、家族や他人様にお世話をしていただかねばならない時が皆、必ず平等に訪れます。そう思うと「自分は今、これでいいのか?」と考えます。
今、懸命に生きて「生」を燃やしていかねば、また今度という機会はないのです。 

母は、炭坑節の輪に加わり、踊りだしました。自宅で過ごせないのはかわいそうとも思いましたが、日常の雑多な物事から解放され、穏やかに気楽に過ごしています。何よりも健康管理が行き届いたためか、すっかりスリムになり、お腹のポッコリもきれいになくなりました。私も姉も、半年節制するとお腹まで痩せられるのね!と新発見をし、母の手をにぎった次第です。この母の面白いエピソードはまたお伝えいたします。           つづく

大阪クラシック

  • 2016.09.30 Friday
  • 14:12

JUGEMテーマ:クラシック音楽

音楽

「大阪クラシック」は、御堂筋や中之島界隈のオフィスビルやホテル、音楽ホールなどで、大阪フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団など、プロの団員による演奏を入場料無料で

大阪クラシック

楽しめるものです。(一部有料もあり)2006年から始まったこのコンサートは、今年も会場が増えたそうで、多くの方が楽しまれたとお聞きしました。ホテルはもとより、デパートや銀行のロビーも会場になっており、日ごろクラシックを聴く機会のない人も音楽と触れるきっかけにもなり、大変好評のようです。

音楽をはじめ、芸術と呼ばれるものは人の心を豊かにするものですね。

何でも一流のものに触れるとよいといいます。一流とはその人の感性に触れることのできるもの、心の中に浸透していけるものと聞いたことがあります。

そうなるには、日ごろの練習を積重ね、感性を養い、自分はこの作品をこう表現したいという信念を持つ。

そして一人でも聞いてくださる方がいらっしゃるということに感謝をする。

そのこころが相手に通じるのかもしれません。

 本来、芸術に限らず何事もそういうことなのかなと思う時があります。

このニュースレターに関しても同じです。読んでくださる方に感謝です。

たいした内容があるわけではありませんが、なんとなく気になる、読んでみようかと思っていただけたら大変うれしいです。

現在は不定期発行になっておりますが、次号も楽しんで読んでいただけるようがんばってまいります。

よろしくお願い申し上げます。

 

何のチャンピオンベルト!?

  • 2016.03.01 Tuesday
  • 13:55

先日、ヨメの衣装を見て「何のチャンピオンベルト?」と思わず聞いたことがありました。

と言いますのも、横ストライプのニット地の腰のあたりに(チュニックというのですかな)

チャンピオンベルトと見受けられるようなベルトが編み込んであるのです。

それもちょうどいい具合に腰の下あたりにがっちりと収まり、堂々とした様子です。

 さて、何かとヨメに聞いたものの、頭の中では(女子プロレスかレスリング、女相撲に金太郎・・・)

正解を求め、ぐるぐる回ります。

 ヨメが「美魔女や!」と即答したので、意外や!予想との相当の隔たりに

変身

「ふ〜ん。すごいやん・・・」と言うにとどまり、チャンピオンベルトにしげしげと見入りました。

 誰が何を考えてこんなデザインにしたのでしょうなぁ・・・。

スレンダーな美女にフィットする、しゃれたニットのつもりが、美魔女のチャンピオンベルトに変身するとは、世の中、何がどのように活用できるかわかりませんなぁ

                            つづく・・・

 

JUGEMテーマ:ベルト

細胞とストレッチの巻

  • 2015.11.30 Monday
  • 13:40

最近、ヨメが熱心にストレッチをするようになりました。

運動不足もあり、貫禄もついてきたのでまきながら挽回をしようということかと思いましたが、細胞の話を聞いて考えたそうです。

 人間体は絶えず古い細胞が、新しい細胞と入れ替わっています。

代謝周期が一番短い細胞は小腸の上皮で、約25日 肌は28日 筋肉や肝臓は60日、骨細胞で90日など。

見た目には変わらない私たち人間の体は、細胞レベルでは約57年でほとんど入れ替わっているのです

今、鍛えておけば、5年後の脱皮時には変身できているという単純な発想です。

 5年前も5年後もさほど変わるかいなと内心思いつつ、

言えば「誰がこんなんにしたんや!」と逆ギレされて、夕食抜きに決まっています。

「それはすごいやん!」とおだてるのが一番。

わたしも学習を重ね、このところソツなくかわせるようになってきました。

 けれども、脳の神経細胞と心筋細胞は、ほとんど入れ替わりがないそうで

「やっぱり単純思考の脳は変わらへんわな」とおかしくなりました。

しかし、考えてみれば、再生を繰り返し次々と生み出され代謝される細胞に対し、みのむし

脳梗塞や心筋梗塞などで死んでしまった細胞は再生することはないのです。

これを再生しようというのが、今話題の再生医療といわれるものです

 個人にできることは、できる限り、自分の体に気を付け大事に扱うこと。

入替ができるまでに計算しつくされた高度な人間の体です。体操

神様からいただいた体をいい加減に扱うのはもったいないと思うようにもなりました。

そう考えると、ヨメには、5年後のミノムシならぬ、それなりにスラリとした脱皮を目指してがんばってほしいものです。

 

JUGEMテーマ:ヨガ・ストレッチ

心理学のススメ

  • 2015.10.30 Friday
  • 12:36

JUGEMテーマ:心理学

このところヨメは心理学のセミナーに通っています。

なんでも某世界的コンサル会社とNTTグループが争奪戦を繰り広げた、伝説のトレーナーといわれる阪本圭子さんが講師で、毎月楽しみにしております。

 NLP(神経言語プログラミング)は、コミュニケーション技術の一種だそうで、クリントン前大統領がNLPを活かした演説を行ったことは有名です。

ブッシュさんもオバマさんもNLPをスピーチに活かしています。

余談ですが、演歌歌手の島津亜弥さんのパンフレットにもメンタリストの名前が3名も書いてありました。インタビューの受け答えは学ぶと学ばざるとでは大違いだと言われています。

有名なアスリートや政治家はこのようなことも大いに役立てているのでしょう。ビール

他にも状況対応型SLPSプログラムなど、こういうときにはこの手法をと、心理学のとっかかりを教えていただいているようです。

有名なアドラーの「コップ半分の水」

コップに半分の水が入っています。

呑み助
  OK!

それを「もう半分しかない」と考えるかまだ半分もある」と考えるのか・・

その半分をどう活かすか、それをどう有効に役立てるか

どんなすばらしい使いかたをするかが大事だということです

、根がおおざっぱなヨメのこと、「水じゃなくてビールでええのに。ビールやったら満杯でないとなぁ・・・泡もほしいし・・・」なんてことを思いめぐらしているのではないかしら。勉強すれば、子供やお年寄りの対応も一層いいように思い浮かんでくるかもしれませんね!

 

日本式ハグのススメ

  • 2015.07.30 Thursday
  • 11:53

 

 義父が亡くなり、義母が一人きりになりました。

ヨメは義母に会うといつもハグ(抱きしめる)をします。

義母は大変喜ぶようで、人肌に触れることによって、血行も良くなり愛されているという安心感をうむ効果があると言われています。

義母が喜ぶことに気を良くしたのか、ここ数年ヨメは私をハグしようとします。

 私「あのなぁ、オバマさんを見てみ。ほっぺたに軽いタッチであいさつしてるやん。」

 ヨメ「あれはアメリカ、ここ日本」

そう言いながら、ヨメは戦地で会った同期の桜のような、相撲取りの四つ相撲のようなあいさつをするわけです。

それがいつやってくるかわかりません。“いってらっしゃい”でも“おやすみ”でもなく、気が向いたとき、思い出したようにやってくるのです。

きょうはがぶり四つか、どちらが上手をとるか、無言の攻防戦が始まります。

アメリカ式のような悠長なことを言ってはおれません。

はっけよい
ぺー&パー子

人から見れば、アンコ型の力士同志の取り組みに見えるでしょう。

 先日、ピンクの衣装を着ていたヨメを「パー子」と呼んで以来、負けじとヨメは私を「ペー」と呼び、

ますます荒手の技を仕掛けてくるようになりました。

私とすれば、テレビで見るようなシュッとしたあいさつをできるにこしたことはないのです

パー子は反対にますます闘志を燃やし、

スキをみせれば倒されるのでないかと内心おびえております。

漫才よろしくペーとパー子のハグ戦争の結末をみればまたお知らせいたします。

JUGEMテーマ:高齢者の日常生活

一緒に働いてみませんか?

  • 2014.10.23 Thursday
  • 14:32

求人募集
【こんな会社】
コウマスターは賃貸マンションに特化したリフォーム会社です。

目的は、空室のあるマンションの問題点を改善し、入居者様が入りたくなるようなお部屋を作り、

オーナー様に満足していただくこと。
「満室にするリフォーム会社」ということで依頼も多く、近隣の一般住宅や工場のリフォームもあり、新規事業をスタートする予定のため、新しい仲間を募集いたします。
【地域トップクラスの理由】
私たちは下請けの仕事をするのではなく、直接オーナー様とのお取引をしています。

だから利益率が高いのです。満室にするリフォームなので、お客様の満足度が高くリピートが多いのが特徴です。
【仕事内容】
当社が行う「賃貸マンションのリフォームの現場での指揮・監督」を行っていただきます。
1.賃貸マンションのオーナー様のご要望をお聞きする(もちろん当社のコーディネーターも同席します)

コウマスター

2.現地調査:現場の状況や部屋の寸法などを測ります。(先輩が丁寧に教えます)
3.お見積書を作成しオーナー様にリフォームプランを説明し、工事に入ります。
その他、慣れてくれば図面を作成していただくことも可能です。
施工のお仕事は短いもので1週間から1ヶ月くらいの現場ですが、プラン通りに進行しているかどうかのチェックをするのがお仕事になります。
ご紹介くださる方がおられましたら、ぜひ京極までご連絡ください。よろしくお願い申し上げます。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

ヨメの本棚

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM