夏祭り盆踊りの巻

  • 2017.08.15 Tuesday
  • 19:45

JUGEMテーマ:高齢者の日常生活介護

父が亡くなって5年、一人暮らしの母に認知症がでて、介護老人保健施設にお世話になり、半年が過ぎました。

お世話になっている施設は、ひと山を介護施設に開拓したところで、特養、ケアハウス、グループホームなどなど何棟もあり、クリニックも併設した大規模な施設経営をされています。

 先日、初めての夏祭りがあり、行かせていただきました。ここに本文を記入してください。

毎年の恒例行事らしく、職員の皆さんの創意工夫をこらしたパフォーマンスや入居者さんたちの心待ちな笑顔をみると、みんなが一体となってこの時を楽しもうという熱意が感じられます。

家族などを含め、300人ほどが庭に集まりました。

母のように健脚をほこる人はまれですが、ほとんどの方は車イスです。

そしてあとのほとんどが外に出ることもできない方々ということになります。

 庭への下りスロープで、車いすを背後から抱きかかえるように、後ろ向きに何往復もされる職員さんが数珠つなぎで降りてこられるのをみて、お世話をしていただくことに感謝の心がわいてきます。

本当にお世話をしていただいてありがたいです。

盆踊り 近くの高校のダンスクラブの方の若さあふれるダンスでは、お年寄りも顔を輝かせて喜びます。

人間の静と動のコントラストに一種の感動も覚えました。

輝く若さのみが美しいのではなく、苦難を乗り越えて座っておられるその“生”というもののなんと力強いこと。

誰もが老いて土に返るわけです。足腰が弱り、物忘れをし、家族や他人様にお世話をしていただかねばならない時が皆、必ず平等に訪れます。そう思うと「自分は今、これでいいのか?」と考えます。
今、懸命に生きて「生」を燃やしていかねば、また今度という機会はないのです。 

母は、炭坑節の輪に加わり、踊りだしました。自宅で過ごせないのはかわいそうとも思いましたが、日常の雑多な物事から解放され、穏やかに気楽に過ごしています。何よりも健康管理が行き届いたためか、すっかりスリムになり、お腹のポッコリもきれいになくなりました。私も姉も、半年節制するとお腹まで痩せられるのね!と新発見をし、母の手をにぎった次第です。この母の面白いエピソードはまたお伝えいたします。           つづく

大阪クラシック

  • 2016.09.30 Friday
  • 14:12

JUGEMテーマ:クラシック音楽

音楽

「大阪クラシック」は、御堂筋や中之島界隈のオフィスビルやホテル、音楽ホールなどで、大阪フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団など、プロの団員による演奏を入場料無料で

大阪クラシック

楽しめるものです。(一部有料もあり)2006年から始まったこのコンサートは、今年も会場が増えたそうで、多くの方が楽しまれたとお聞きしました。ホテルはもとより、デパートや銀行のロビーも会場になっており、日ごろクラシックを聴く機会のない人も音楽と触れるきっかけにもなり、大変好評のようです。

音楽をはじめ、芸術と呼ばれるものは人の心を豊かにするものですね。

何でも一流のものに触れるとよいといいます。一流とはその人の感性に触れることのできるもの、心の中に浸透していけるものと聞いたことがあります。

そうなるには、日ごろの練習を積重ね、感性を養い、自分はこの作品をこう表現したいという信念を持つ。

そして一人でも聞いてくださる方がいらっしゃるということに感謝をする。

そのこころが相手に通じるのかもしれません。

 本来、芸術に限らず何事もそういうことなのかなと思う時があります。

このニュースレターに関しても同じです。読んでくださる方に感謝です。

たいした内容があるわけではありませんが、なんとなく気になる、読んでみようかと思っていただけたら大変うれしいです。

現在は不定期発行になっておりますが、次号も楽しんで読んでいただけるようがんばってまいります。

よろしくお願い申し上げます。

 

何のチャンピオンベルト!?

  • 2016.03.01 Tuesday
  • 13:55

先日、ヨメの衣装を見て「何のチャンピオンベルト?」と思わず聞いたことがありました。

と言いますのも、横ストライプのニット地の腰のあたりに(チュニックというのですかな)

チャンピオンベルトと見受けられるようなベルトが編み込んであるのです。

それもちょうどいい具合に腰の下あたりにがっちりと収まり、堂々とした様子です。

 さて、何かとヨメに聞いたものの、頭の中では(女子プロレスかレスリング、女相撲に金太郎・・・)

正解を求め、ぐるぐる回ります。

 ヨメが「美魔女や!」と即答したので、意外や!予想との相当の隔たりに

変身

「ふ〜ん。すごいやん・・・」と言うにとどまり、チャンピオンベルトにしげしげと見入りました。

 誰が何を考えてこんなデザインにしたのでしょうなぁ・・・。

スレンダーな美女にフィットする、しゃれたニットのつもりが、美魔女のチャンピオンベルトに変身するとは、世の中、何がどのように活用できるかわかりませんなぁ

                            つづく・・・

 

JUGEMテーマ:ベルト

細胞とストレッチの巻

  • 2015.11.30 Monday
  • 13:40

最近、ヨメが熱心にストレッチをするようになりました。

運動不足もあり、貫禄もついてきたのでまきながら挽回をしようということかと思いましたが、細胞の話を聞いて考えたそうです。

 人間体は絶えず古い細胞が、新しい細胞と入れ替わっています。

代謝周期が一番短い細胞は小腸の上皮で、約25日 肌は28日 筋肉や肝臓は60日、骨細胞で90日など。

見た目には変わらない私たち人間の体は、細胞レベルでは約57年でほとんど入れ替わっているのです

今、鍛えておけば、5年後の脱皮時には変身できているという単純な発想です。

 5年前も5年後もさほど変わるかいなと内心思いつつ、

言えば「誰がこんなんにしたんや!」と逆ギレされて、夕食抜きに決まっています。

「それはすごいやん!」とおだてるのが一番。

わたしも学習を重ね、このところソツなくかわせるようになってきました。

 けれども、脳の神経細胞と心筋細胞は、ほとんど入れ替わりがないそうで

「やっぱり単純思考の脳は変わらへんわな」とおかしくなりました。

しかし、考えてみれば、再生を繰り返し次々と生み出され代謝される細胞に対し、みのむし

脳梗塞や心筋梗塞などで死んでしまった細胞は再生することはないのです。

これを再生しようというのが、今話題の再生医療といわれるものです

 個人にできることは、できる限り、自分の体に気を付け大事に扱うこと。

入替ができるまでに計算しつくされた高度な人間の体です。体操

神様からいただいた体をいい加減に扱うのはもったいないと思うようにもなりました。

そう考えると、ヨメには、5年後のミノムシならぬ、それなりにスラリとした脱皮を目指してがんばってほしいものです。

 

JUGEMテーマ:ヨガ・ストレッチ

心理学のススメ

  • 2015.10.30 Friday
  • 12:36

JUGEMテーマ:心理学

このところヨメは心理学のセミナーに通っています。

なんでも某世界的コンサル会社とNTTグループが争奪戦を繰り広げた、伝説のトレーナーといわれる阪本圭子さんが講師で、毎月楽しみにしております。

 NLP(神経言語プログラミング)は、コミュニケーション技術の一種だそうで、クリントン前大統領がNLPを活かした演説を行ったことは有名です。

ブッシュさんもオバマさんもNLPをスピーチに活かしています。

余談ですが、演歌歌手の島津亜弥さんのパンフレットにもメンタリストの名前が3名も書いてありました。インタビューの受け答えは学ぶと学ばざるとでは大違いだと言われています。

有名なアスリートや政治家はこのようなことも大いに役立てているのでしょう。ビール

他にも状況対応型SLPSプログラムなど、こういうときにはこの手法をと、心理学のとっかかりを教えていただいているようです。

有名なアドラーの「コップ半分の水」

コップに半分の水が入っています。

呑み助
  OK!

それを「もう半分しかない」と考えるかまだ半分もある」と考えるのか・・

その半分をどう活かすか、それをどう有効に役立てるか

どんなすばらしい使いかたをするかが大事だということです

、根がおおざっぱなヨメのこと、「水じゃなくてビールでええのに。ビールやったら満杯でないとなぁ・・・泡もほしいし・・・」なんてことを思いめぐらしているのではないかしら。勉強すれば、子供やお年寄りの対応も一層いいように思い浮かんでくるかもしれませんね!

 

日本式ハグのススメ

  • 2015.07.30 Thursday
  • 11:53

 

 義父が亡くなり、義母が一人きりになりました。

ヨメは義母に会うといつもハグ(抱きしめる)をします。

義母は大変喜ぶようで、人肌に触れることによって、血行も良くなり愛されているという安心感をうむ効果があると言われています。

義母が喜ぶことに気を良くしたのか、ここ数年ヨメは私をハグしようとします。

 私「あのなぁ、オバマさんを見てみ。ほっぺたに軽いタッチであいさつしてるやん。」

 ヨメ「あれはアメリカ、ここ日本」

そう言いながら、ヨメは戦地で会った同期の桜のような、相撲取りの四つ相撲のようなあいさつをするわけです。

それがいつやってくるかわかりません。“いってらっしゃい”でも“おやすみ”でもなく、気が向いたとき、思い出したようにやってくるのです。

きょうはがぶり四つか、どちらが上手をとるか、無言の攻防戦が始まります。

アメリカ式のような悠長なことを言ってはおれません。

はっけよい
ぺー&パー子

人から見れば、アンコ型の力士同志の取り組みに見えるでしょう。

 先日、ピンクの衣装を着ていたヨメを「パー子」と呼んで以来、負けじとヨメは私を「ペー」と呼び、

ますます荒手の技を仕掛けてくるようになりました。

私とすれば、テレビで見るようなシュッとしたあいさつをできるにこしたことはないのです

パー子は反対にますます闘志を燃やし、

スキをみせれば倒されるのでないかと内心おびえております。

漫才よろしくペーとパー子のハグ戦争の結末をみればまたお知らせいたします。

JUGEMテーマ:高齢者の日常生活

一緒に働いてみませんか?

  • 2014.10.23 Thursday
  • 14:32

求人募集
【こんな会社】
コウマスターは賃貸マンションに特化したリフォーム会社です。

目的は、空室のあるマンションの問題点を改善し、入居者様が入りたくなるようなお部屋を作り、

オーナー様に満足していただくこと。
「満室にするリフォーム会社」ということで依頼も多く、近隣の一般住宅や工場のリフォームもあり、新規事業をスタートする予定のため、新しい仲間を募集いたします。
【地域トップクラスの理由】
私たちは下請けの仕事をするのではなく、直接オーナー様とのお取引をしています。

だから利益率が高いのです。満室にするリフォームなので、お客様の満足度が高くリピートが多いのが特徴です。
【仕事内容】
当社が行う「賃貸マンションのリフォームの現場での指揮・監督」を行っていただきます。
1.賃貸マンションのオーナー様のご要望をお聞きする(もちろん当社のコーディネーターも同席します)

コウマスター

2.現地調査:現場の状況や部屋の寸法などを測ります。(先輩が丁寧に教えます)
3.お見積書を作成しオーナー様にリフォームプランを説明し、工事に入ります。
その他、慣れてくれば図面を作成していただくことも可能です。
施工のお仕事は短いもので1週間から1ヶ月くらいの現場ですが、プラン通りに進行しているかどうかのチェックをするのがお仕事になります。
ご紹介くださる方がおられましたら、ぜひ京極までご連絡ください。よろしくお願い申し上げます。

夫婦珍道中・笑ってポン!〜歌はセリフにのって〜

  • 2014.08.18 Monday
  • 16:08

 うちのヨメは演歌歌手、島津亜矢さんの後援会に入っています。今年も新歌舞伎座の座長公演があり、千秋楽の日に大勢で見に行ったそうです。
島津亜矢さんは、男性歌手の歌も得意とされているようで、ヨメは 「サブちゃんの『風雪流れ旅』がヨカッタ〜!」と言って「アイヤ〜 アイヤ〜」の部分を歌ってみせてくれました。
それがどうも私には「あ〜嫌やぁ あ〜嫌やぁ!」に聞こえ「何が嫌やねん!」とつっこみをいれたくなります。
 なにか私に話しかけていると思い、よく聞いてみるとセリフをつぶやいているときもあります。

それがだいたい同じセリフで「止めてくださるな妙心殿、落ちぶれ果てても平手は武士じゃ!行かねばならぬ〜 行かねばならぬのじぁ〜!」
「尋ね 尋ねた母親に せがれと呼んでもらえぬような こんなやくざに 誰がしたんでぇ〜!」 それを替え歌のように相手を変え状況を変えてつぶやくのです。なかなかよくできているときもあり、内心笑えます。そのうち縞の合羽に三度笠で、どこかの宴会にでも出るのではないかしらと、少々不安になります。願わくば私の目の届かぬところでやってちょうだい…。「よろしゅう おたの申します〜ぅ…」

 

〜新しい仲間のご紹介〜

  • 2014.06.15 Sunday
  • 15:49

このたび、新しく矢倉大輔さんがコウマスターの一員となりました。現場や打合せ等で、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、改めてご紹介させていただきます。
また、何かとお世話になりますが、皆様末永く、どうぞよろしくご指導くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

矢倉さん

 

矢倉 大輔(やぐら だいすけ) 44歳 
B型 吹田市在住
趣味はゴルフ 妻・息子・娘の4人家族
金沢工業大学卒 一級建築施工管理技士
 

 

 

 

「京極社長とは、ゼネコン時代に同じ職場でお世話になりました。お互いに東京におりました頃には、大阪から来た仲間とよく飲みに行きましたね〜。
またご縁があって、こうしてコウマスターでお世話になることになり、創造的で枠にとらわれない経営の考え方にも魅力を感じております。
自分は少々口下手ではありますが、工事に関するご説明はスルスルと、いくらでも出てまいりますのでご安心ください。
これからは、自分の能力を最大限に発揮でき、またそれ以上に発展させることでコウマスターに貢献できたらと考えております。
関係者の皆様をはじめ、お施主様とお会いできる日を楽しみにしております。お気軽にお声をかけてください。そして今後とも、何かとご指導賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。」

〜夫婦とは?!

  • 2014.04.10 Thursday
  • 15:40

 先日義父の3回忌の法要がありました。このニュースレターに何回も登場していた義父でしたが、いつも座っていたソファに義父の存在がないのは本当に寂しいことです。
法要が終わって2週間後には彼岸となり、また親戚が集まり、生前と変わらず、賑やかなひとコマでした。
 その時、叔父が興味深い話をしてくれました。叔父は村の神社の総代を務めており、神事には、かなり気をつかっております。
義父が入院した頃には、神前の大きなお神酒徳利が何かに当たって割れ、代わりにあつらえた徳利もちょっと当たって割れました。これは何かあるなと思ううちに義父が逝ったといいます。
このお神酒徳利は「御神酒を神前に供える時は、常に一対の徳利で」ということから転じて、今でいう「二個いち」みたいな使われ方や、“いつも一緒にいる仲のよい二人”のといった意味合いがあるそうです。幕末の長州藩、井上馨と伊藤博文が「お神酒徳利の仲」と言われたことは有名です。
 そう言われてみれば、義父と義母も「夫婦二個いち」だったのです。生前は腹の立つことも多かったのでしょうが、相方を失う寂しさは特別なのでしょう。その心をわかってあげなければいけないと人にも言われます。三世代が暮した田舎の家に、外から来た嫁である義母がひとり残り、今は屋敷の維持が自分の仕事と思う毎日です。
ヨメによると、義母は彼岸の前に風邪をひき、おみやげの饅頭に手もださず、「食欲がないから胃ガンかもしれない」と言い出したそうですが、次の日に皆が集まると大笑いで

食事を楽しんでおりました。ヨメが「病気が治ってよかったね〜!」というと「そんなこと言ったっけ?」と本当に忘れたような返事で、ケロッとしていました。もちろんそれで皆が安心した次第です。
また皆で温泉でも行きましょうね、お義母さん。

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

ヨメの本棚

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM